学生時代としてみたかった時、できなかった時。

僕が学生時代としてみたかったことは、自力周遊だ。
ん?結構ありきたり?と思いますが、当時の僕は本当に代価を持っていませんでした。
社会人になり仕事をし始めて、ある程度自由に使える代価はできたものの今度は自力旅する自由がなかなかできません。
観光が一時博士というわけではありませんが、いわゆるスケジュールをほとんど決めてないで行く弾丸旅行に注意がありました。
宿泊する旅館も予約しないでその土壌に着いてから企てるという無茶苦茶な観光がしてみたかっただ。
教え子の間、とある仲間が外国に弾丸旅行した会話を聞きましたが、もう笑えるくらい内容性がなく無事だったの?と心配するレベルのものでしたが、同時に羨ましいなと思いました。
それだけ行動力があるということになりますもの。
行動力は学生時代だけではなく、それからのライフも本当に肝でその行動力が欲しいと日常欲しいとしている。
ライフにおいて学生時代は少ない時間ですし、特別なものだと思います。
今日、教え子の人たちにはしてみたいことは思い切って挑戦してほしいだ。