韓国のフォトや、韓国の音響の注視について

さて、11月に入り、寒い冬となりました。お客様は、いかがお過ごしでしょうか。我々は、30代の勤め人で、出勤から早く帰ってきた瞬間や、出勤が日曜日等々、暇なときに、家でBGMを聴いていらっしゃる。また、図書館の視聴覚室で、DVDを見て、過ごしています。特に、最近では、韓国のBGMを聴いたり、韓国のDVD等々韓国習慣を感じることができる力作が愛する。
 好きなBGMについてですが、その日の気分に合わせて、BGMによって生活することが好きです。学生時代に外国に旅行した時や、学生時代全体は、MISIAを、よく聴いていました。社会人になった昨今では、学生時代に韓国を、何度も訪れたことがあり、懐かしくもらい、韓国BGMを聴いていらっしゃる。BIGBANGや、SHINEEのBGMを聴いていらっしゃる。それらのBGMは、かっこ良く、パワーをもらい、明るいハートになれます。
 好きなDVDについて、同じく韓国のDVDのシュリが好きで、何度も見ていらっしゃる。DVD全体のハン・ソッキョの作用の参加は、確かめるのに飽きません。また、ハン・ソッキョがキャラクターとして演ずるユ・ジュンウォンと、キム・ユンジン演ずるイ・ミョンヒョンとの恋の行先や、ユ・ジュンウォンとソン・ガンポ演ずるイ・ギャンギルの仕事上でのきずなからは、今の邦人が忘れてしまったような大和魂という精神を感じ取ることができ、お勧めです。DVD全般には、他にも、色々なメッセージ性があり、淡水魚のともなくてはならないものという魚の関係の言葉等々、なぞかけという職場がDVDの各所にあり、見極める人間を飽きさせません。