月日日記は、11月から新しい日記ですか

例年、1年間の年月日手帳を買って、事業や暮らしのつもりを書き込んである。いつからか、出来事キャパシティーに視野を捉え、つもりが決まったら、とにかく、書く、書く、書くを心掛けてある。しかしながら、年月日手帳って、新年1月からでは、なく、昨年11月からウェブページがあります。こうなると、新年に、手帳を一新した内、その新しい手帳に、過ぎてしまった2か月食い分を、改めて記載する、しないと、どうでもいいことなんですが、考え込むようになりました。過ぎたつもりだから、書かなくてもいいのでは、とも思うのですが、そうなると、新年から新しい手帳に変えた後、前のつもりを、もう一度、確認したいときに、少し困ります。それなら、初めから、11月に年月日手帳を購入して、つもりが決まったら、新旧の年月日手帳に記載しておく。これなら、新年に、新しい手帳へ切り替えても、何ら、問題ないと、自分なりのまとめだ。大した面倒では、ないのですが、11月からウェブページがあるのは、わたしのような抱腹絶倒粘りを有するお客様がいるからかもしれません。