次女と共に美味しいスポンジデザートを焼きました

今日は小学生4年生になる息子のお年でした。最近になってぐっと大人びてきた息子は、親とおるよりだんだん傍と共に明かすことが楽しくなってきたみたいです。親としてちょっとさびしいな~と思っていた今日この頃でした。平年、お友達を何人か呼んでグループをします。今年はどうする?と聞くと、ママとおとうさんと3クライアントで祝福したいとの定義。ちょっと驚きましたが、どんな精神の差だったのでしょうか。お友達を呼ぶとなると、オリジナルのスウィーツを押し出すのは自信がないので、いつもは市販のスウィーツを買っていました。でも身内3クライアントで祝うのであれば配慮はいりません。私の作った不細工な仕上がりのスウィーツでも大丈夫です。息子と共にオリジナルしました。一緒に粉を計ったり、卵を泡立てたり。とても楽しい時刻でした。スポンジスウィーツを焼くのは久しぶりでした。案の定、見た目は今一つなスウィーツが成立しましたが、息子はとてもおいしみたいに食べてくれました。これから思春期に入りどんどん親離れしていく息子。今日は本当に良いひとときを過ごせたなって思います。