自身がカニに対する期待・好きな根拠

日々、私の家庭では、寒い季節になると2回、3回はかにを食べてある。
こちらもかには大好きな夕食の一つだ。
かにの何が好きなのか、それは食べ方にオリジナリティをしたら、
色々なかにの味覚が喜べるからです。
例えば、家庭でも、すぐにとれるかに鍋は
当然の事ですが、酢を少し付けて採り入れるのも美味しいですね。
それほどかにの良い点は、かにから取れるうま味で作り上げる
かに雑炊やすまし汁も美味しいだ。
ですが、かには取るまでのプロセスと食べてからのプロセスが
少し大変だと思います。
まず、かにを食べる前に大変だと想うことは、
組み立てをほじくって食べないといけないので
少し採り入れるまで手間がかかります。
もちろん、食べやすくかにを剥いてもらえる人物が
居てくれるのであれば、それは凄く助かります。
ですが、カジュアル、家でかにを摂る時は、当然の事ながら、
あんな人物は居てないので、自分で剥いて食べないといけません。
なので、カニピーラー、カニフォークなど、
便利なグッズを活かし食べてある。
随時、外食でかにを食べに行った時は、
ちゃんと、食べやすい様にしてくれているのが嬉しいです。
意思次第では、かにを食べる少しの厄介を
乗り越えたら、更にかにが美味しく頂けるのではないかと
思ったら何事もなく食べれます。
次に、かにを食べてからのプロセスで一大のが、
かにののち片づけだ。
かにを食べ終えてすぐに、かにの殻を投げ捨てに行ったら
良いのですが、一年中でもかにの塵芥をうちに置いておくと
あすに、かにの空気で広場センターが臭くなるのが
少しお断りと思っている人物が居るのではないでしょうか。
ですが、その日に、ちゃんと塵芥を捨てに行ったら
何にも問題なく解決できる物事なので、そんなに身は気になりません。
かには食べるのに苦労すると思いますが、それでも、
身はかにが好きなので、年齢に2、3回は食べたいと思います。