自分が人で最も嫌悪とする生き物

僕は、犬、猫、蝉、カブトムシなど、
基本的に、何でも触れたり捕まえたりする事が出来るのですが、
唯一、ほんとに苦手な生物が2匹いらっしゃる。
1匹まぶたがゴキブリだ。
ゴキブリは見分けるだけで、大声で叫んで仕舞うほど、
凄く不快気持ちになります。
ゴキブリを嫌いな理由は、まず、ダミーだ。
ゴキブリのまぶた、口がどこにあるかわからない陰が嫌いだ。
次に、ゴキブリの色彩だ。
ゴキブリの茶色か黒いのか良く分からない色彩が
元気悪くて嫌いだ。
時折、飛ぶゴキブリがいるのですが、
その時は、発狂してしまいます。
それぐらい、ゴキブリは下手くそだ。
これから、ゴキブリを克服出来る事が
考えられないだ。
次に、苦手な生物は、ハトだ
ハトはまぶたやダミーも怖くて、そして、
ハト本人が汚いので、ハトを好きになる事が出来ません。
時折、公園でハトに看板をあげていらっしゃる個々がいますが、
看板でたかるハトの身近を通り過ぎるのが凄く辛いです。
また、僕は車椅子に乗って実践をしているので、門外漢より
セルフとハトとの視点の距離が近い事もあって、ハトに近寄られた状況が
怖いだ。
ゴキブリ、ハトが僕にとって何よりも頂点大嫌いな生物だ。