身が注射を憎悪としている2つの拠り所

あなたは注射が好きですか?自分は好きではありません。下手だ。好みというヤツはあまりいないでしょう。自分が注射を苦手な理由には2つあります。
1つ目は、痛いからです。痛いのは一切嫌でしょう。私もそうです。ほんの少しの間だけですが、例えそうであっても痛いのは嫌ですよね。
2つ目は、注射針を刺されるまでの間の期間だ。自分にとっては、痛み本体よりもこちらのほうが嫌ですね。注射講じるお天道様までの間から、今日注射されに行くまでの間。そして、二の腕を出してから刺されるまでの間。過日が自分はとても下手だ。できれば一瞬で行えのですが、そうはいきません。必ず待つ期間が存在し、これから逃れることはできません。
自分は注射を受けるのは多い方で、慣れてはいるのですが、やっぱり注射は下手で、できれば受けないで済ませたいだ。しかしみたいもいかないので、今後も我慢して注射され続けます。子ではないのですから、お断りなんて言ってられないですね。