自分のしてしまった事項に大いに後悔す。

鏡を睨み、なるほど、自分のしてしまった事を大いに後悔してしまった。
男の人が表情に傷がついても「ハクが付く」なんて言って威張っていられるのだろうが
(本当のとこは、どうなんだろうか?)
しかしまあ、見事に斜めに二公式、引っかきキズが残ったものだ。
こちらが自分の表情を引っ掻いたのではない。
椅子の上で爆睡していた猫を下ろそうとして抱っこした例がまずかった。
あっつ!と思った季節爪で引っかかれてしまった。
よく見てみなければわからないのかもしれないが、
人間の防護本能として、キズを包み隠す作動をしてしまう。
「そんなことするから、余計際立つんだしょ」
お子さんに警告なるが、どうにもそこにしかたがいって仕舞うのだ。
シニアに片足突っ込んですような年齢のこちらだが一応婦人の名前として
表情にキズがあるのはちょい、恥ずかしい。
おやしかも、こんな時に限って自身と出会うのだ。
厚化粧してなりすますか?しかし、やはりキズは浮かんで現れる。
マスクです、マスクがいいわ。
感冒ひいていらっしゃる途中なんだから、違和感ないよね。
出先ではなんとかごまかせた。
民家に現れる相手方や、買い物便の自身にはどうにもならない。
ポンポーンが鳴ったら、マスクしてないことを忘れ
こういう手負いの?表情を見せてしまった。
キズがすっかり失せるの、は何時になるのやら。
今日も鏡を見、悔恨にかられるのである。
マスクして

自分が人で最も嫌悪とする生き物

僕は、犬、猫、蝉、カブトムシなど、
基本的に、何でも触れたり捕まえたりする事が出来るのですが、
唯一、ほんとに苦手な生物が2匹いらっしゃる。
1匹まぶたがゴキブリだ。
ゴキブリは見分けるだけで、大声で叫んで仕舞うほど、
凄く不快気持ちになります。
ゴキブリを嫌いな理由は、まず、ダミーだ。
ゴキブリのまぶた、口がどこにあるかわからない陰が嫌いだ。
次に、ゴキブリの色彩だ。
ゴキブリの茶色か黒いのか良く分からない色彩が
元気悪くて嫌いだ。
時折、飛ぶゴキブリがいるのですが、
その時は、発狂してしまいます。
それぐらい、ゴキブリは下手くそだ。
これから、ゴキブリを克服出来る事が
考えられないだ。
次に、苦手な生物は、ハトだ
ハトはまぶたやダミーも怖くて、そして、
ハト本人が汚いので、ハトを好きになる事が出来ません。
時折、公園でハトに看板をあげていらっしゃる個々がいますが、
看板でたかるハトの身近を通り過ぎるのが凄く辛いです。
また、僕は車椅子に乗って実践をしているので、門外漢より
セルフとハトとの視点の距離が近い事もあって、ハトに近寄られた状況が
怖いだ。
ゴキブリ、ハトが僕にとって何よりも頂点大嫌いな生物だ。

自転車の乗って、実行しようと思い立った実り、、、

今日は久々に自転車に乗ってみました。最近はもっぱら自家用車間隔で、運動する行いなんて殆どなくなりました。というのも今期結婚したばかりのわたくし。主婦というと、主な出勤は世帯や注文。赤ん坊のいないわたくしは自由もたくさんあるのに、趣味も特にないので、空いた時間は延々とすごしてしまうことが多いのです。
時折立ち寄る知り合いとの昼食は、近距離が多く、ひたすら喋っておいしいものを採り入れる。として、人体はどんどん怠けてくる。
結婚を機に出勤をやめてから、人柄怠けようと思えばドッサリ怠けられるんだ、、という連日だ。笑
さらに冬になると、特に顔付きや大腿がまーるく、太って生じるの傾向にあるので、寒くなってきた近頃。このままではまずいのではないか!と思い、今日は自転車で最寄のターミナルから3ターミナル先まで、約40分け前ほどかけて行って来ました。
その結果、、事項もなく来たばっかりに何かしないと意思がすまなかったわたくしは、思い立ってなんと、献血に行き。軽食食べ放題、飲料呑み放題という、これまたプラスマイナスゼロのようなことを楽しんだのでありました。